2010年1月アーカイブ

ついにS様邸が完成いたしました。

IMG_2176.jpg
そして昨日、お引渡しの日は天気も良く、大安吉日。
まるで門出を祝ってくれているような、気持ちのいい1日でした。
S様ご夫婦と新居と、これから長く続く付き合いは、最高のスタートをきれたんじゃないかなと思います。

IMG.jpg
これからも家守り点検等でちょくちょくお邪魔させていただきます。

S様、完成おめでとうございます!
そして、ありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします!!


誠陽建設株式会社

また少し寒い日が続きそうですね。
こんにちは、あずさです。

こんな寒い日は、暖かいお風呂にしっかり浸かってホカホカなままお布団に入りたいと思いますよね。
でもこの日本式の入浴方法は、脳出血や心臓発作が起こりやすいって知っていますか?
特に高齢者・高血圧の人・心臓病の人・飲酒後の入浴は要注意です。

日本では、こんな寒い時期には夏場の7倍もお風呂での突然死が増加するそうです。
入浴中に急死する方は年間1万人近くおられ、そのほとんどが浴槽内です。

その事故につながる湯温のボーダーラインは41度!
42度以上になると、41度以下に比べて心拍数・血圧の変化が激しくなって、事故件数が急増するとのこと。


日本では入浴中の突然死が、突然死全体の10%と多いけれど、シャワーや浅い浴槽で半身浴をする欧米ではほとんどないそうです。

欧米との違いは他にもあり、日本の家では、浴室・脱衣所が廊下を隔てた北側や離れにあることが多く、
暖房してある部屋から脱衣所へ行くだけでも温度差があり、
また服を脱いで、寒い浴室に入り、熱いお湯に急に浸かるという行為が血管や心臓に負担になるのです。

また日本は先進国の中でも、浴室や脱衣所に暖房設備が整っていない方で、このことも突然死の要因の一つになるようです。


このような事故にならない為にも、


  1. まず浴室を20度ほどに暖めておき、コップ一杯の水を飲んでから入る。

  2. かかり湯をしてから、41度以下のお湯に浸かる。

  3. 肩までは浸からず、半身浴をし、タオル等を肩に掛けてかけ湯をして温まる。

  4. あがる時は急激に立ち上がらず、浴槽に腰掛けたり、手摺を持って上がる。

  5. 浴槽から出た直後は、心拍数は上昇したままでも血圧が急低下するので、15分ほど安静に。

高齢者の方でなくても、この入浴方法で立ち眩みや貧血による事故も防げるので覚えておきたいですね。

私も将来は、お風呂も脱衣所も暖房付きにしておこうと思います。
出来れば廊下もトイレも快適温度で、家中温度のバリアフリー化を目指したいです。


誠陽建設株式会社

花粉症の季節です

| コメント(0) | トラックバック(0)

暦の上では大寒ですが、とっても温かいので歩いて会社まで来ました。
春がそこまで来ている様で、心が弾みます。
こんにちは、あずさです。

100120_1544~01.jpg
今朝TVを見ていると、2月の中旬(近畿は10日頃)から花粉の飛散が始まるそうです。
今年は去年より飛散量が少ない様ですが、花粉症の方、また大変な季節がやってきますね。

私も去年あたりからどうやら発症してしまったみたいで、目や鼻がグシュグシュ・・・

花粉症は花粉が飛散する前からお薬を飲むことで症状を和らげることが出来るそうです。ひどくなってからではあまり効き目がないみたいですよ。

他にも対策として、アロマテラピーやヨガ、漢方薬、入浴剤、サプリメント・・・
今年は新作のマスクや鼻栓、花粉を寄せ付けないスプレー等が出ていて気になります。

今は手術で花の粘膜を一部除去したり、レーザーで粘膜を焼いたり、注射をしたりする方法もあるそうですが、
花粉の飛散前にしておかないと効果がないようですよ。

妊婦としては、薬の服用は怖いので、レーザー治療が効果的と聞きました。
でも、手術前に麻酔したり、痛み止めを飲まないと無理だった等の情報を聞くと躊躇してしまいます。

さて今年はどうやってこの季節を乗り切ろうかしら。。
出来ることなら花粉を気にせず、春を満喫したいですね。


誠陽建設株式会社

冬に椿

| コメント(0) | トラックバック(0)

201001181623.jpg
寒さが一年中で最も厳しいこの頃ですが、うちの山ではもう椿が
咲いています。
椿とは木へんに春で春爛漫の時季に咲くはずなのにどうして今なのかと
首を傾げてしまいますが、とにかくもう咲いています。

少し早目ですが春をどうぞ。

誠陽建設株式会社

1月17日に思うこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日1月17日は阪神淡路大震災の遭った日です。
あれから15年がたちました。
こんにちは、あずさです。

毎年この時期になると、震災追悼特集番組が増えます。
私も被災者でありながら、一月のこの時期にそういう番組を見るまでは、日々の日常に流されて震災の事を改めて思い出すことがありません。

神戸で生まれ育ち、震災があった年、私は15歳でした。
そして震災から15年経って人生の半分は地震後の経験なのかと思い、あの日がいかに人生の方向性を大きく変えたか考えさせられます。

震災に遭わなければ、私は建築の世界を目指すこともなく、旦那さんと建築士の学校で出会い奈良へ嫁ぐ事もなかったかもしれません。

震災について語ることは、数年間はどうしても出来ませんでした。
私よりもっと辛い経験をされた方は沢山おられて、自分の被害状況や感想を語ることは失礼な事だと思っていたからです。
実際今でも、話そうとするとなぜか胸がいっぱいになって話せないことがあります。

大切な方を亡くされた方々は違うと思いますが、多くの人は数年経つにつれてどんどん忘れかけて、15年も経つと完全に過去の出来事の一つになったのではないでしょうか。
もちろん前を向いて生きているからこそ、過去の出来事になるので当然の事だと思います。

だからこそ、こうして1年に1度、追悼番組を見て、経験した人、しなかった人、まだ産まれていなかった人と一緒に話をしてみるのも大切な事なんだと思いました。

あの日の経験を次の機会に活かせるかどうか。
もし仕事先で被災しライフラインが寸断されたら、どうやって家族連絡を取りどこで会うか決めていますか?
部屋の家具は固定してありますか?懐中電灯・水・保存食は常備していますか?

東南海地震は近いうちに必ずくると思います。
私ももう一度、生活を見つめなおしてみたいと思います。


誠陽建設株式会社

昨日の雪はすごかったですね!
今日も相変わらず寒いですが青空の下、金剛山の雪化粧がとっても綺麗です。こんにちは、あずさです。

まだまだ続きます、我が家のリフォーム。
さて今日は、仕上げの上塗りです。
下塗りと同じように、木枠にマスキングテープを張り、床を養生してから粉を水を混ぜ合わせ、下塗りと同じ要領で塗ります。
12.23.1.JPGすごく濃い色に見えますが、乾いたら白っぽくなるので大丈夫です。
私も塗り塗り・・・多少下手でも味になります。。
12.23.2.JPG

写真だと分かりにくいですが、今回はあえて塗りサンプルとして見てもらえるように、コテむらを色々変えて仕上ました。
12.23.3.JPG
やっと完成です☆
完全に乾燥するまで1週間ほどかかります。

今度はこの壁に棚を取り付けてみようと思ってます。
また次回をお楽しみに♪


誠陽建設株式会社

昨日に続いて、我が家のリフォームのご紹介です。
こんにちは、あずさです。

壁が出来上がったら、珪藻土塗りの準備です。

用意するもの
12.6.1.JPG
珪藻土とその下塗り材:今回はエコクィーンという商品です。またブログでご紹介しますね。
ハカリ、バケツ、コテ(2・3種類あると便利)、コテ板、撹拌機(手で混ぜるのはしんどいです)
写真には写っていませんが、木工ボンド、ジョイントテープ、養生材も必要です。

1、石膏ボードの角(石膏が見えてる部分)は水分を吸収しない様に、シーラーで塗る。木工ボンドを水で溶いたものでOKです。
12.6.2.JPG
2、四方の木枠にマスキングテープを張って、塗る際はみ出しても大丈夫な様にする。床やまわりの壁も養生シートを貼っておかないと、こぼしたり汚したりで大変なことになります。
12.6.3.JPG
3、下塗りの粉と水を混ぜ合わせます。この時かなりの粉が舞い上がって吸い込むと苦しいです。マスクとメガネがあるといいかも。
12.6.4.JPG
4、まず、シーラーを塗った目地とビス穴を埋める。
12.6.5.JPG
5、その上にジョイントテープ(ひび割れ防止)を張って、また下塗り材を塗る。
12.6.6.JPG
6、下地処理が済み、乾いたら、全面に1mm厚で下塗りする。
12.6.7.JPG
7、下塗り完成!!
12.6.8.JPG
右側がへたくそなのは、右半分を私が塗って、左半分を旦那さんが塗ったからです・・・
でも大丈夫!これは下塗りだから、上塗りでなんとかなります♪

乾燥のため1日ほどおきます。
実際はお休みの日にしか作業できないので1週間このままにしました。
上塗りについては、また明日。


誠陽建設株式会社


昨日は成人式でしたね。
成人を迎えられた皆様おめでとうございます!!
こんにちは、10年前の晴れ姿を思い出したあずさです。

昨年末のブログ『Do It Yourself!』で少し紹介しましたが、我が家の賃貸アパートで、プチリフォームに取り組んでいます。

と言っても、今回はプチリフォームの範囲では収まらない大作です!

当社では、壁紙をビニールクロスで貼るよりも、珪藻土や漆喰で塗った呼吸できる壁をお勧めしています。
でも、本当に住んでみてどうなのか、自分で体感しないと自信を持ってお勧め出来ません。
という訳で我が家に塗って体感することにしました。

でも賃貸の場合、現状がビニールクロスの壁で勝手に上から塗るわけにはいきません。

それじゃ、塗れる壁を作っちゃおう♪と考えました。

1、現状の壁の四隅に木枠を入れて突っ張って固定。
002.JPG
2、その間を木桟を入れて、もっと突っ張る。
006.JPG(注意)一切現状の壁にビスや釘打っていません!突っ張ってるだけ!
3、その桟に石膏ボードを張っていく。
007.JPG
4、ボードが張り上がったら、周りに木枠をつけて、下地の壁の完成です。
001.JPG

壁がもう一枚出来た分、部屋が5cm程狭くはなりますが全然気になりません。

さぁ、次は塗って行きますよー。
続きはまた明日。。


誠陽建設株式会社

以前のブログを読んでいただいていた方にはおなじみの登場ですが、
新年ということで、改めまして、こんにちは、門脇あずさです。
本年も日々のちょっとした事を書いていこうと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

過去のブログも読んでみたいという方は⇒http://58048731.at.webry.info/でご覧いただけます。

私の年末年始はというと・・・
このホームページの作成で寝不足な日々を過ごし、やっと年始にゆっくりと出来たので2日から実家(神戸)に帰って来ました。

神戸に帰ると必ず寄る雑貨屋さんがあります。
『NAIFS(ナイーフ)』阪急岡本駅から山手幹線に向かって歩いて4分ほど。

SN3K0025.jpg
オープンして22年の老舗の雑貨屋さんで、ベトナムやタイ、世界中の雑貨が所狭しと飾ってあり、あっという間に1時間位過ぎてしまう充実度です。
特に取っ手や丁番など建築小物も豊富なので、DIY好きの私にはたまりません!
SN3K0024.jpg

今回はココアを作るのに丁度いいミルクパンを探していたので、これを購入しました。
離乳食作りにも重宝しそうです♪
SN3K00380001.jpg隣の木彫りのハンコは、近くの『シサム工房』で買いました。
ここも、フェアトレードや環境にこだわった海外の手づくり雑貨や服・アクセサリーが素敵です。

それから、岡本界隈をぶーらぶら。次は『Kitchen Kitchen』へ
SN3K0030.jpgここはかわいい雑貨やお皿が105円・315円・525円均一で、安くてかわいいんです♪
SN3K0037.jpgこんなに買いこんでも2100円!!

という感じで私のお正月休みは、お買い物や友人と食事、初詣とお墓参りで満喫しました。
みなさんはどんなお休みになりましたか?

ちなみにおみくじは『凶』を引きました・・・
もうこれ以上悪くはならないので、今年も上を向いて頑張ります!!


誠陽建設株式会社

201001020909.jpg
皆様明けましておめでとうございます。当社も本日(6日)より営業を開始しました。どうか本年もよろしくお願いします。今日は門脇育代がお届けします。

みなさんはお正月をどのように過ごされましたか。我が家の元日はお屠蘇でお祝いをしてから、いつもの犬飼山転法輪寺(いぬかいさんてんぽうりんじ)へ初詣に行き、戻ってからみんなで宴会となりました。そこへお客様も交えて賑やかに過ごしました。

そしたらうららもいつもと違うペースに少し疲れたのでしょうか、2日の朝はこんな具合でネコのなっちゃんと同じ椅子に上がってよく眠っていました。なんともうららかな平和な姿に心がやさしくなります。

このようなかわいい姿をこれからもお届けしますのでご期待ください!

はじめまして!

誠陽建設株式会社 門脇誠介です。

この度ホームページをリニューアルいたしました。

ブログもこちらに移転し、ホームページ共々内容もより一層充実させていきますので、今後とも宜しくお願いします。

というわけで、今年から僕もブログ作成に参加させていただきます。

自己紹介につきましてはスタッフ紹介に載せていますので、どうぞそちらをご参照ください。

僕の書くブログの内容は、主に工事の進捗状況をかいていこうと思うのですが、それ以外にもプライベートな出来事や、自作の家具なんかもちょくちょく載せていけたらなぁと思います。

文章力に関してはこれまで磨いたことがないので、取り留めのない話になることも多々あると思いますが、そこは大らかな、大々らかな心で見守っていただけたらと思っている(甘えている)次第でございます。

それでは!改めまして、

「あけましておめでとうございます」

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

CA9WT7U1.jpg

誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内