東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様にお見舞い申し上げます

| コメント(0) | トラックバック(0)

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。昨日天皇陛下がこの件に対して「国民へのメッセージ」を述べられましたが、深く心を痛めておられるご様子が感じられました。

このような時私達はどんなことが出来るのか、深く考えさせられます。現場に行ってお手伝いすることは出来ません。私はやっぱり少しではあっても義援金を送ることが一番だと思い、そのようにしました。

本日の読売新聞に、支援するには
  ・「現金がいちばん」
  ・「支援物資を送るのは自治体を通して」
と書いてありました。

物資を個人で送ると、受け手の態勢が整っていないので困るのだそうです。まず自分が住む自治体で、支援物資の募集をしているかを確認し、自治体を通じて現場が必要とするものを送るようにしてほしいと書いていました。

うちの近所に消防署に勤務する人がいますが、宮城県に向けて援助隊員として行くそうです。どうか自身の安全を確保しつつ、地元の方の要請に精一杯応えて上げてほしいと思います。

このような困難な時にあっても強盗、掠奪などが起こらず、水や食料の配給にも整然と列を作って順番を待つ姿などに対して世界中から賛辞の声があがっています。本当に優秀な国民なのだと胸を張りたいと思います。

これからあらゆる方面で影響が出てくるでしょうが、国民みんなで痛みを分け合わなくてはいけない時だと思います。
一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

誠陽建設株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seiyo.biz/mt/mt-tb.cgi/170

コメントする

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内