2011年6月アーカイブ

カビ菌はこわい

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは門脇育代です。
6月の梅雨の時期とは思えない暑い日が続いています。体調を崩してしまった人も多いのではないでしょうか。当社の男性一同はもう真っ黒になってしまいました。私と娘が事務所でいるのが申し訳ないような気分になっています。
毎年のことなのですが、「夏はこわい、どうやって過ごそう」。そんな言葉が口をついて出てきます。

さて今日のような晴れた日にこんな書くのも変な話なのですが、ちょっと聞いて下さい。
少し前にはこの晴れた日が想像できないくらい雨が続いていましたね。毎日雨が降り続き、じとじと本当に蒸し暑かった!
そんな中ついに今年初めてクーラー(あえてクーラーといわせていただきます)をつけた日のことです。涼しくしたいけれど節電もしなくてはと扇風機もいっしょにつけました。高さ調節にと思ってベランダに置いてあった手作りのイスを中に持ち込みました。湿気のせいで少しカビがきているなあと思いつつもそのままにしてその上に扇風機を置いて使い始めました。
もちろん部屋は締め切り、扇風機の風は自分達に当たるようにしました。
しばらくして、たぶん15分位たった頃でしょうか、私も娘もほぼ同時に猛烈に喉が痛くなってきました。
「なんで?風にあたったから?風くらいでこんなことになるかなあ」と不思議に思っていましたが、あっと思い当たりました。
「ああイスのカビやあ!」締め切った部屋の中で、扇風機でカビの菌を撒き散らしたからだと気がつきました。
すぐイスを外に出し、暑いのに窓を全部開け放って菌を追い出しました。そしたら喉の痛みが和らぎました。
やっぱりカビ菌のせいだったのです。他に鼻づまりがありまるで風邪のようでしたが、鼻の中に抗生物質入りの軟膏を塗ってみたところ効果がありました。

こんなことで私達は大事には至りませんでしたが、お風呂に入っていてカビが原因で倒れてしまったなどという話を聞いたことがあります。本当にカビには注意です。

門脇和仁です。

例年ですと那智の滝へ行く季節ですが、今年は母が亡くなったことで一年間は神社へ詣でることは控えなくてはなりません。
しかしここにきてやっとそちらのほうが落ち着いてきたので、お寺ならいいのではないかと思い室生寺へ行ってきました。
私は初めてだったのですが、妻は高校生の時に一人で来た事があったとのことでした。

寺の駐車場に車を止めて辺りを見渡すと、山水画のように霧がたちこめて美しい風景でした。
murou1.JPG
川に太鼓橋が架かっていてこれを渡ってお寺へ向かいます。
P1010969.JPG
橋の手前に案内の石が建っています。
P1010970.JPG
橋の上から見た立派な門です。
P1010971.JPG
橋を渡って右へ歩くと樹齢数百年の三本の杉の木があります。足元に「三宝松」と書かれた札があります。
P1010972.JPG
少し歩くと仁王さんのいる山門があります。
P1010973.JPG
一番見たかった五重塔。少女の姿に例えられるようですが、小さくてかわいらしい。屋根が桧皮葺なので余計そう感じるのだと思います。
P1010979.JPG
塔よりさらに奥に進むと奥の院があります。建物のそばに大きな岩があり、その上にさらに石塔が建っています。P1010983.JPG

こんにちは、誠介です。

先週のとある日に、田原本青垣生涯学習センターにてセミナーがあったので聴講してきました。

講師は、あの有名番組「大改造!劇的ビフォーアフター」の匠である
本間総合計画 代表 本間貴史氏。

s_honma.jpg仙台市に事務所を構えるダンディーなおじさまです。

セミナーは、ビフォーアフターのウラ話から始まりました。

例えば、番組最後にお客様がリフォーム後の自宅に戻ってきた時の、あの涙はウソではない。

本当に感動していただくために、お客様とは工事が完成するまで家に戻らないという契約を交わすのだそうです。

これは徹底しているらしく、素人にあの涙を演技で流させるのは不可能だろうという事かららしいです。

演出のためにここまでしているんだなあと、このウラ話で一気に話に引き込まれました。

ミーハーなもんです。。。

そして話は本題?に。

リフォームや新築をするに当たって、重視している事を話してくださいました。

本間さんは設計事務所の方なので、デザインはもちろんですが、それ以上に耐震に力を入れているとの事。

築5年のリフォームでも耐震改修を提案するほどなのだそうです。

仙台市に住まわれているので、東日本大震災で被災した体験も交えて詳しく話していただきました。

ここ五條市でも、近い未来に東南海地震がくるだろうと言われているので、ここら辺は大いに参考にさせていただきました。

他にも省エネについてだとか、本間さんのリフォームに取り入れてる技について等、1時間半近くのセミナーでした。

さすがテレビに出る人はすごいなと思わせてくれる内容だったので、僕的には久々に面白いセミナーだったと思いました。


誠陽建設株式会社

リサイクル

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、誠介です。

こないだの日曜日に、工事で出てくるダンボールをリサイクルに出してきました。

risaikuru.jpgうちの自治会は3ヶ月に一回、日曜日の午前中にダンボールやら雑誌等をまとめて収集しています。

そして集まったそれらをリサイクルに出し、得た代金を自治会の運営費用として使っています。

新築工事はたくさんのダンボールが出てくるので、捨てると結構なお金がかかります。

しかしこうやってリサイクルに出すことで再利用でき、かつお金がかかるどころか逆に貰えて一石二鳥なのでいつも利用させてもらってます。

新築工事の最後の方になってくると大量のダンボールが出てくるので、まとめるのがいつも大変なのですが、出し終わった後はなんだかすがすがしい気分になります。

建築はたくさんのゴミが出てくるので、それらをゴミではなく、出来るだけリサイクルの材料として扱っていけるようにしていこうと思います。


誠陽建設株式会社

門脇育代です。前回からずいぶん間が開いてしまいました。
この間我が家にとって悲しい大きな変化がありました。母が4月24日に76歳にて他界いたしました。会社の経営はもちろん、着物の着付けの方で学院を興して大活躍してきました。ここに謹んでご報告いたします。生前皆様からいただきましたご厚情に深く感謝いたします。本当に有難うございました。

もう梅雨入りしましたね。今日は晴れて気温も上がり、洗濯物がよく乾いて主婦としてはうれしいです。

こんな中、当社の駐車場のバラがよく咲いています。ちょっと見に行きますとかわいいものを見つけました。
ro-zu.jpg
なんてかわいいのでしょう、花びらの上でアマガエルが休んでいるのです。いい香りがして気持ちがいいでしょうね。
「私もカエルになりたい」と思ってしまいました。

そしてもうひとつ。スモークツリーが今年はじめて花をつけました。
sumo-ku.jpg
植えて3,4年になりますが、花は咲かないものと諦めていたら咲いたので嬉しさは何倍にもなりました。葉っぱは輝くような黄緑でそれを見れるだけで幸せと思っていました。

前の道を通りかかったらぜひ見てやって下さい。

こんにちは、誠介です。

こないだ、現在施工中のN様の敷地裏になっているサクランボとエンドウ豆をいただきました。

エンドウ豆は採ったその場で食べると、とても甘くておいしかったです。

さっそく家に持ち帰って調理してみました。

mamegohan.jpg豆御飯です。

ほくほくして香りもよく、とてもいおいしくいただきました。

sakuranbo.jpgサクランボもプリプリしててとても甘いです。

娘も一緒にごちそうになりました。

sakura.jpg

とても美味しそうでニコニコしています。

N様、どうもありがとうございました!


誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内