2011年11月アーカイブ

こんばんは、誠介です。

昨日の日曜日、神戸に里帰りがてらショールームに行ってきました。

その日は神戸マラソン開催日ということもあって道路がかなり混雑し、交通規制もかかっていたので、嫁の実家に車を置いて自転車で行ってきました。

とても良い天気で空もとても青く、絶好のマラソン、サイクリング日和でした。

sora.jpg
ハーバーランドでは、太鼓の音が響き渡りランナーを鼓舞していました。

marason.jpg
少し足を止めて応援していると、エアサロンパスの香りが漂ってきました。

この匂いを嗅ぐと学生時代の部活を思い出して気が引き締まるんですよね。

この気持ち、わかる人も多いハズ。

そんなこんなで、神戸駅の南側にあるHDC(ハウジングデザインセンター)に到着しました。

ここは様々な住設機器メーカー等が入っているビルで、ここだけでかなりの情報量が集まります。

大阪の本町にもたくさんショールームはありますが、結構散らばっているのでここみたいに一箇所にまとまっている所はかなりありがたいです。

中に入って今回の目的のショールームに片っ端からお邪魔してきました。

WOOD ONE 無垢の建具を見てきました。
wood1.jpg
wood2.jpg
クリナップ うちもお世話になっているキッチン等の住設メーカーです。
kurinappu.jpg
珪藻土 エコクイーン
珪藻土含有量が多く、吸湿性も高い商品を扱っています。
keisoudo.jpg
OSMO(オスモ) 体に優しい自然塗料を扱うメーカーです。
osmo.jpg
その他にもLIXILやTOTO等、かなりの数を回ってきました。

やはり自分の目で見て触って直接話を聞くということは大事ですね。

良い勉強になりました。

その後は散歩がてら近所にあるモザイクに行ってのんびりしてきました。

mozaiku.jpg
コーヒー片手に海を眺めながら、久しぶりにゆっくりした時間をすごしてきました。


誠陽建設株式会社

金輪継ぎ

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、誠介です。

先日社長が重要伝統的建造物群保存地区においての古民家再生について書いていましたが、

この工事は当時の面影を出来るだけ残すという事もあり、工事内容も少し変わったものがあります。

例えば、今回行なった根継ぎと呼ばれる工事。

古民家再生と言うだけあって、柱も下部はかなり腐食してきています。

そこで、その腐食した部分を切り取って新しい材に取り替えました。

継手の方法は、金輪継ぎと呼ばれる継手を用いました。

kanawatugi.jpg
金輪継ぎは、釘・ボルトや接着剤を使わない日本伝統の木構造の継手です。

両部材に、それぞれ雌雄の欠き込みを作り、中央に栓(せん)を差し込んで組みます。

組み合わせた材料が東西南北四方向にズレにくく、引き抜きの力にも強い継ぎ手です。

現代の建築は金物が普及していることもあり、このような伝統工法を見かけることが少なくなりました。

僕も施工中を拝見させていただいたのは初めてだったのですが、大工さんの素晴らしい技術に只々感服。

このような技術を、僕たち建築に携わっている者はずっと伝えていかなければならないと強く思いました。

おはようございます、誠介です。

こないだ工場にて、現在施工中のお家に使う無垢の床板に塗装してきました。

yukaita.jpg
フロアワックスのみで仕上げてもよかったのですが、もっと風合いを出したいと思いオイルステインを塗ってからワックスで磨きあげました。

しかも今回使用したオイルステインは、古材特有の少し白い膜がかかったような色合いがでる物を使ってみました。

いつも塗料や雑貨を買出しに行っているお店の人からオススメされたので買ってみたのですが、仕上がりは上々。

いい感じに仕上がりました。

乾き具合を見計らいつつ、早速こいつを現場に持っていって大工さんに張ってもらいました。

うん!やっぱりいい!

出来上がりは完工したらアップさせてもらいます。お楽しみに!

それと、少し前に仕入れた古材をこの機会に仕上げてみました。

汚れを落としてワックスをかけて磨き上げると、こうなりました。

kozai.jpg
かなり味のある材として復活しました。

こいつもどこに使うか楽しみながら考えたいと思います。


誠陽建設株式会社


こんにちは、門脇和仁です。

先般、五條市新町通りの建物群が重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。

そんな中、指定後初めての古民家再生事業を当社が請け負わせいただいています。
ENIMAGE1312593056212.jpg
この建物は昭和5年に築造されたもので新町通りにあっては新しいものですが、伊勢湾台風の際に吉野川の氾濫で水に浸かって痛みが激しくまた、30代のご家族が住むには間取りが現在の生活に合わないために改築となったものです。
この建物がどのように変身をとげるか楽しみにしてもらえたらと思います。

8年前に同じく新町通りで旧前防邸を「まちなみ伝承館」として再生する仕事に携わらせていただきましたが、その時に得た技術を活かして最高のものになるよう尽力します。

新町通りを通った際はぜひ目を向けてください。

誠陽建設株式会社

扇風機は使える道具

| コメント(0) | トラックバック(0)

201111011008.jpgのサムネール画像         会社の花壇に咲くウインターコスモス


こんにちは、門脇育代です。
私達の寝室には東側に高さ1メートル、幅1,7メートルほどの窓があります。
その窓を開けて掃除をしていますと、窓にお日様が光が差し込んできて埃が舞っているのが見えました。

よく観察していますと、埃が窓の外にゆっくり出て行くのが見えます。そこで扇風機の風を窓に向けてみたらどうなるのかやってみたところ、すごいスピードで埃が外に出て行くのです。

もっと試してやろうと照明器具の傘にかかっている埃をブラシで落としてみるとものすごい埃が落ちてきましたが、扇風機の風であっという間に出て行きました。
どんな部屋でも掃除をするとこんな具合に、目には見えないけれども実際は埃がたくさん舞っているのですから、扇風機の風を向けたらいいんだと気がつきました。

また、うちのトイレは床がタイル貼りになっているため水を流しての掃除が可能なのですが、掃除の後はここでも扇風機の風をマックスにしてタイマーを1時間ほどセットして床に向けて風を送ります。こうすると速く乾いてしまいます。

そして冷暖房効率を上げるために冬は天井に向けて、夏はエアコンの冷たい風が落ちるところ辺りに扇風機を置いて上に向けて風を送ると空気が撹拌されて温度差をなくすのに役立ちます。

もっとほかにも役立つことがあるのかもしれません。ご存知の方は教えてくださいね。

誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内