2012年1月アーカイブ

こんにちは門脇育代です。
寒い日が続いていて、インフルエンザの流行が懸念されています。どうぞ体調管理には充分ご注意ください。

先日テレビを見ていますと、沖縄県石垣島の成人式の様子が放映されていました。

ここでは成人式は2日に渡って行われます。

1日目は成人を迎えた人たちによる沖縄舞踊の披露です。チームリーダーのもと息を合わせ、力を合わせてみんなで作り上げていくのです。専門家による構成や舞踊の特訓などはありません。子供の頃から慣れ親しんだ踊りは体に染み付いているんですね、本当に上手です。

この踊りを見るために招待された人たちは、詳しく説明はありませんでしたが、この島に住む全員かと思われました。
両親はいうに及ばず、近所に住む方達・親戚などみなで食べ物の載ったテーブルを囲みながら踊りを鑑賞するのです。

そして次の日。今度は女の子達はきれいな振袖を着て、男の子達はスーツに身を固め会場にやってきます。また同じように大勢の人たちが招待された中で一人ひとりが両親と共に皆の前に立ちます。

そして「私は父〇〇と母△△の次女の◇◇です」という具合に切り出します。どうして今の仕事に就いたかや近況報告、そしてこれからの抱負、両親への感謝の言葉などを語ります。

子供から「今まで恥ずかしくて言えませんでしたが、私はお父さんのような人と結婚したいです」と言われた父親は号泣していました。
親として本当にうれしいでしょうね、会場の人たちももらい泣きしていました。そういう私も泣いてしまいました。

そもそも子供から感謝の言葉をもらえるのはせいぜい結婚式の時くらいです。

こんな和やかなあたたかな成人式があったんですね。「うらやしいなあ」が率直な感想です。

もっとも沖縄本島の成人式は荒れることで有名になっていて残念ですが・・・。翻って五條市は荒れはしないものの親は関係のないものになっていますから、こんな形にしてもよいのではと思ってしまいます。

誠陽建設株式会社

門脇和仁です。

昨年12月13日に五條高校の生徒さんたちと造形作品を作ったと書きましたが、その後色付けをしにまたやって来てくれました。これはその時の様子です。
544.jpg
色付け後数日乾燥させた後で1200度の電気窯で焼きました。焼きあがったところでまた生徒さんたちに来てもらっていっしょに窯出しをしました。
574.jpg
割れたりせずきれいに焼き上がりました。
575.jpg
その後一人ひとり自分の作品を手に持って一階の事務所に降り、皆でお茶をしつつうれしそうに作品の批評をしあっている姿を見てこちらもうれしくなりました。

自分が高校生だった時を思い起こすと、その頃に経験したことはよく覚えているものです。この造形作品を作ったことも青春の1ページとして長く記憶にとどめてもらえればありがたいことです。

誠陽建設株式会社

門脇和仁です。
平成24年も無事に明け、当社は本日より営業しています。どうぞ今年もよろしくお願いします。

この正月を皆様はどんな風に過ごされましたか。うちでは結婚して長崎県に行った娘が里帰りし、以前のようにお節を囲みましたが、今年は母のこともあり、しめ縄や松竹梅の飾りはありませんでした。
やはりそういうものを普通に飾れることがいかに有難いことであるかということを実感ました。

親戚が来たり、一通りの正月の行事が終わったところで4日に宇治の平等院鳳凰堂を見学してきました。
P1020584.JPG
以前から興味があり、娘も一度見てみたいというのでちょうどいい機会ということで行ってきました。

10円硬貨の裏に載っていてあまりに有名な建物ですが、やっぱり本物の前に立った気分は最高でした。
内部も30分程待って見学しました。大きな阿弥陀如来像が印象的でした。入口の扉が三方にあり、絵が書かれているのはほとんどわかりませんが、鳳凰堂のそばに建てられている鳳翔館に復元された絵が展示されています。
創建当時の970年前には実に美しい世界が広がっていたんだろうと思います。

今年は辰年、良いことがたくさんある明るい年になるように心より願っています。

誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内