2013年3月アーカイブ

栄山寺の椿

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、門脇育代です。

昨日、高知県から来られた親戚の人をお連れして、栄山寺へ行って来ました。
ここは奈良時代から続く由緒あるお寺なのですが、あまり人が多く訪れない穴場中の穴場です。
歴史好きの人には本当にたまらないところです。

お寺の前にある駐車場に車を停めて、拝観料を払ってお寺の境内に進んでいきますとすぐに、少し高くなったところに太い幹の椿の木が目に飛び込んできました。
P1030855.JPG
そして足元に目をやりますと、それはそれは変わった形の椿の花が落ちているのです。
P1030856.JPG
P1030859.JPG
こんな椿の花を今まで見たことがありませんでした。

境内を一通り見終わって、椿の前で3人がわぁわぁやっていますと、お寺の人が近付いてきて「この桜はもう数百年経っていると思いますよ」と教えてくれました。
さらに別の場所に同じ椿が植わっていると教えてくれ、さらに嬉しいことにその枝を手折ってくれました。もう感激して有難く頂戴してきました。
家に帰って早速花瓶にさしました。そしてそれだけでは勿体ないので挿し木にもしてみました。うまくついてくれればいいがなあと楽しみにしています。
うまくいったら庭に植えてみようと思っています。

誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。
今日は暑いくらいでしたね。なんでも4月の中頃くらいの気温だったらしいのですが、こんなに早く暑くなられると体調が狂ってしまいます。また寒い日が来るように天気予報では言ってましたので、それが怖いです。体調管理には充分気をつけたいものです。

ところで、昨年植えたチューリップの球根が咲きました。
P1030821.JPG
P1030819.JPG
実は趣味の園芸を見て、昨年9月に買った球根をすぐ冷蔵庫に入れて寒さに当て、2ヶ月たった11月に植えておいたものです。
本当をいいますと、1月に咲かせる予定だったのですが、今になってしまったのです。

どうも植えた鉢を家の中に入れ、良く日のあたる窓辺に置いておくとそうなったようなのですが、初めてのことで外に置いたままにしてしまった為に今咲いたようです。
それでも普通に植えた球根なら葉っぱが少し大きくなったくらいの状態ですので、まあこれなら上出来と言えるのかもしれません。

会社の玄関に置いていますので、前を通りかかったらぜひ見てやって下さい。

誠陽建設株式会社

毎年、今年はなるかな?まだ大丈夫?と花粉症になるかならないかドキドキしています。
発症している人達を見ると本当に辛いんだろうな、なるの怖いなと、、、、

こんにちは、あずさです。

ある朝、とうとうその日がきたのです。

鼻水が止まらず、くしゃみ連発、鼻が詰まって副鼻腔炎の様な頭痛がして何も手につかない程のしんどさ。

でも、妊婦だから極力薬は飲みたくないし、花粉症の薬は妊婦には良くないと聞くし、鼻栓をしてマスクをしてとにかく耐える!!

そんな日が数日続き、今度は咳き込むようになりました。

風邪?と思っても咳き以外は花粉症の症状のみで、熱もしんどさもないんです。
でも咳き込みすぎは赤ちゃんに良くないかなと、「明日は病院に行こう」と心に決めました。

次の日、朝起きると症状が全く出ないんです。
・・治ったのかな?でも周りの花粉症の人は辛そうだし、花粉もよく飛んでるらしいし。

私は花粉症じゃない??と不思議に思っていると、ちょうどTVで特集されていた『寒暖差アレルギー』の症状がピッタリはまったのです。

photo_onetime.php.png


「寒暖差アレルギー」って聞いたことありましたか?

暖かくなったり寒くなったり寒暖差がはげしい不安定なジグザグ気温の時期に、気温に反応してしまい、鼻づまりというか鼻の粘膜が大きくなってしまい、アレルギー性鼻炎と同じ鼻水、鼻づまりの症状になるというものだそうです。

特徴は、寒暖差が激しい時期に鼻炎の症状がでても目が充血していないとか、鼻水が透明な時は、寒暖差アレルギーの可能性があるとのこと。

筋肉量が少ない女性の方が男性よりなる人が多いそうです。

寒暖差アレルギーでも炎症をおこして蓄膿症を起こしてしまうと薬を使わないと治らない状況になることもあって、
ひどい時は、自律神経にも影響することがあり集中力の低下につながるそうです。

あー、私の事だ!と思いました。

思い返すと、去年の春も秋も季節変わりの頃に鼻炎の様な症状が出ていたのです。
今までは、風邪気味なのかと適当な市販薬でごまかしていたからひどくはならなかったんでしょうね。


寒暖差アレルギーを防ぐための対処法は、
・マスクをする。これにより鼻・のどの温度を一定に保つ。
・脱ぎ着しやすい服装にする。ひざかけなども用意するとよい。
・40度前後のぬるめの湯船につかる。

温度差をなくして血行を良くするのが良いみたいですね。
少し寒い日が減ってきたのでどうやら私のアレルギーな日々も終わりそうです。


それにしても今年は暖かい日と寒い日の差が激しかったですね。
同じ症状が出た方も多いかも。

これからの季節変わりも要注意ですね。


誠陽建設株式会社

花粉症の皆様!来てしまいましたね、辛い日々が。

こんにちは、あずさです。


日中の気温が少し過ごしやすくなってきて嬉しいのですが、我が家も誠介さんが花粉症で、私も鼻がグジュグジュするので、窓を開けて思いっきり換気したいところをぐっと我慢の生活です。

ニュースではPM2.5が凄いとやたら不安になる報道がされていますね。

目に見えないものを日々気を付けて行動するのは難しいもので、暖かな陽気に誘われて娘と外遊びを楽しみました。


先日のブログで、『次回はキウィジャムの作り方を♪』と書きながらまだでしたね。

もう旬ではなくなってしまったのですが、一年中ハウス物が売っているので、作りたい方の為にアップしておきますね。

IMG_1203.JPG

用意するもの(上の写真分出来ます。大きな瓶3本位)

 キウィ 約1kg
 りんご 1個
 砂糖  400g
  (お好みで三温糖やグラニュー糖でもいいです。
   砂糖の量はキウィの熟れ具合を見て調整します。
   キウィの3分の1から2分の1位の量です。)
 レモン汁 大さじ2

IMG_1181.JPG

 1、キウィとリンゴの皮を剥いて程よくカットします。
 2、お鍋に1と砂糖を入れて30分ほどおくと、
   砂糖が解けて水分がたっぷりでてきます。
 3、弱火にかけてコトコト、アクが出てくるので丁寧にとります。
 4、20分ほど煮たら最後にレモン汁を加えて完成☆
 5、煮沸消毒した瓶に熱いうちに入れて蓋をし、
   逆さにして冷ますと密閉できます。
   冷凍すれば1年ほど保存も可能です。


このジャムはヨーグルトと相性抜群です♪

そして今の旬ははっさくで作るマーマレードです!
これはパンにバターと塗ると相性抜群です♪
この作り方は育代お母さんが得意なのでまた教えてもらってアップしますね。お楽しみに☆


誠陽建設株式会社

写真撮影

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、誠介です。

建物の引渡しをする前に、建物内の写真撮影を行いました。

撮影は、1級写真技能士の資格を持つ「写真のウチハラ」さんの内原さんにお願いしました。

IMG_2656.jpg

撮影する様がかっこいい。。。さすがプロですね。

デジタルなので、撮ったその場で確認します。

当たり前なのですが、素人が撮るものとプロが撮るものでは雲泥の差。

1枚の写真の中に見事に空間構成が表現されています。

今回は主要な箇所を11カットお願いして、残りは自分で撮影。

編集が出来次第アップいたしますので、プロと素人の腕の差も含めて楽しんでやってください。。。


誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内