2013年4月アーカイブ

こんばんは、誠介です。

今日は少し専門的な話を。

先日、改正省エネ基準と認定低炭素住宅の講習会に参加してきました。

改正ということで、今年の10月から省エネの基準が変わります。
現在は断熱仕様で等級が定められており、1から4まで(4が最高)の、いわゆる努力目標値があったわけですね。
これが今年の10月から改正省エネ基準に移行し、2020年には全ての住宅において省エネ基準クリアが義務となります。

今までは極端な話、断熱材を入れなくても法律的には大丈夫だったのですが、エネルギー消費の削減の為、一定の断熱、設備等の仕様を満たさなくてはならなくなる、という事です。

ただ、現行の省エネ対策等級4(次世代省エネ基準)をクリアしていればある程度は改正省エネ基準もクリアできるのですが、その基準値に満たす為の計算がややこしい。。。

現在の省エネ基準である次世代省エネ基準をクリアするには、省エネ等級4対応の断熱材やサッシ等の仕様基準を元に設計していれば問題なかったのですが、改正省エネ基準は計算に基づいて基準をクリアしていきます。
方法はかなり専門的になりますので割愛しますが、講習から帰って早速以前新築した家を元に計算した結果、「適合」との事。
2020年に義務化されても十分対応できそうです。

ちなみに当社の標準仕様は省エネ対策等級4。 
講師の方の話では、地場工務店がこの等級を満たしている割合はまだ2、3割程度との事。
改正省エネ基準が施工されることによって、また中小工務店は転換期を迎えることになりそうです。

と、細かい話をつらつらと書きましたが、これらの基準を満たすことでのメリットは何かというと、

?室間及び室内上下の温度差が小さくなることで快適性が向上

?暖房、冷房の効きがよくなることで電気代の節約となり経済的

?電気の節約により、二酸化炭素の排出の削減に貢献することで、地球にやさしい

?結露を防ぎ、耐久性のある家 etc...

電気代の具体例として、省エネ等級1の家と等級4の家を比較すると、光熱費は約60%も削減できます。
イニシャルコストはかかってもランニングコストは低く抑えることができて、しかも快適という事です。

その他、補助金の事とかもあるのですが、長くなってしまったので今日はこの辺で。。。

あっ、それと認定低炭素住宅についても、さらに細かい話になってしまうのでまたの機会に。

もうお腹いっぱいです(笑)


誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。
このところ何か薄ら寒い日が続いていますが、皆様お変わりありませんか。こんな時の体調管理は難しいですね。着るものをこまめに調節して風邪などひかないようどうぞお気を付け下さい。

ここでちょっと我が家のダイニングキッチンにあるトップライトのことをお話してみましょう。

うちのダイニングキッチンは増築してもう16年になります。増築以前はダイニング部分が4,5畳、キッチンも同じ面積でした。
結婚当初は4人家族でしたのでそれでよかったのですが、子供が生まれ、そして子供がお友達を連れてきたりと手狭に感じて増築を決めました。
現在はダイニング部分が6畳強、キッチン部分がもう少し広めとなっています。

その増築部分の天井に少しでも明るさをプラスしたくて、トップライトをつけました。
私がいつも座る席から天井を見上げますと、ご覧のように月が見える時があります。
2013041720540000.jpg
毎日眺めていますと、月が変化するのがよくわかっておもしろいなあと感じます。

トップライトは明るさだけでなく、こんな楽しみも与えてくれます。

誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

昨日は強い風が吹き荒れましたね。ちょうどその時車で外出していたのですが、重たい車体が揺れて、まるで台風の中を走っているようで本当に怖かったです。

少し風が収まった頃、まだ雨が少し残っていたのですが、夫が雨後の竹の子でも掘ってくるかと出掛けていきました。

2時間足らずで帰ってきたのですが、竹の子だけでなく沢山の山の幸を持って帰ってきました。
2013040815380000.jpg
イタドリ(この辺りではイッタンコといいます)、ウド、しいたけ、木の芽、ワラビなど少しの時間でよくこれだけ見つけてきたものだと感心してしまいました。
これからシーズンが終わるまで、山菜の下処理に夜なべ仕事が忙しくなります。
でも冷蔵庫を開けるといつも山菜が入っているので、毎日の食事作りが楽になります。
毎日食べていると飽きてしまうのですが、なくなってしまうとこれがまた困るんです。

しばらくの間山菜を心いくまで楽しみましょう。

誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内