2013年6月アーカイブ

こんにちは、門脇育代です。

骨折のためにしていたサポーターがはずれました。最初は違和感を感じてどうなることかと心配していましたが、今はほぼ元通りに動かせるようになりほっとしています。
よく手を動かすことが、痛みを取るコツのようです。

さてそんな中、裏の畑で植えていたジャガイモを掘ってみました。小さいのがほんの少し出てきました。

imo.jpg
本来なら3月のはじめに植えるのですが、今年は3月23日になってしまいました。それに加えて今年は雨が少なかったからだとご近所の皆さんが言っていましたので、たぶんうちもそうなんだろうと思います。

こんなに少ないとすぐに食べてしまいそうなので、収量は少ないのですが、秋になったらもう一度植えてみようと計画しています。
ジャガイモのことを「二度イモ」といいますが、こんなことからなんですよね。

誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

今日も梅雨らしく雨がしとしと降っています。気温があまり上がらないので、気分がなんとなくゆったりして眠くなってきます。
こんな風に感じるのは私だけでしょうか。
梅雨の季節らしく会社の前にある花壇には、ピンクのアジサイが今を盛りと咲き誇っています。

2013062112590000.jpg
雨とアジサイ、本当に良く似合います。

今年はバラ ピエール ド ロンサールがきれいに咲いてくれたので、大勢の方から「きれいに咲いていますね」と声をかけてもらい感激でした。
その中のお一人、当社ホームページに施工事例に掲載中のY様からバラの苗を3鉢もいただいてしまいました。

2013062113000000.jpg
ミニバラとツルバラ2鉢です。
せっかくいただいたバラ、Y様のご厚意を無駄にしないよう絶対きれいに咲かせようと決心しました。

そこで鉢の表面の土を2,3cmをかき取り、バラ専用の土を入れました。ここからは園芸の本を見ながら世話をしていこうと思っています。
もし四季咲きの種類だと、この秋に花を咲かせてくれるかもしれません。それを楽しみに世話をしていこうと思っています。

誠陽建設株式会社

梅を漬けました

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、門脇育代です。
今日は雨こそ降らないものの、梅雨らしい曇り空です。もしかしたら本当に台風がやってくるかもしれませんね。入梅はしたけれど、雨が降らないので困ったことが起こりそうですので、もしかしたら台風もこの際は良いことなのかもしれません。でも雨だけに収まってほしいものです。

先日手首の骨を折ってしまったと書きましたので、ご心配をおかけしました。先週の水曜日にギブスがはずれ、今はサポーターを巻いています。これで手首の動きがずいぶん楽になり、出来ることが増えました。入浴の際ははずして入れますので嬉しいですが、サポーターもはずせる日が待ち遠しいです。

こんな中、父が山の畑で作っている梅が今年もたくさんできましたので漬けてみました。
ume.jpg
小梅9.5キロです。山から採ってきたきた時はまだ青かったので、2日置いて黄色く色づくのを待ちました。
それをきれいに洗って一晩水に浸け、朝ざるに上げて水を切ります。
夜今度は乾きすぎて塩をふっても梅にうまくなじまないので、梅酒を作る際に使うホワイトリカーを少々ふり表面を湿らせます。
昨年は塩を1割入れたのですが、今年は少し少なめの900グラムにしました。
このうち100グラム程をとっておき、残りを梅にふり梅とよくなじませます。最後にとっておいた塩を表面にふります。
sio.jpg
ここに落し蓋をして4.5キロの重石を載せて、大きなビニール袋をかぶせて紐でくくります。
重石はたまたまあった物を使ったのですが、2日ほどすると充分水が上がりました。
後はシソを入れると完成なのですが、いつも行くスーパーでモミシソが売られているのを見つけましたので早速5袋買いました。1袋が生梅2キロ用と書いてありました。
このシソを全部一番上に入れるのではなく、梅・シソ・梅・シソというように重ねていくときれいな色に染まるように思います。
手作りの梅漬けみなさんも作ってみませんか。

誠陽建設株式会社

こんにちは!あずさです。

梅雨入りしたといっても雨が降らないぶんとっても快適で過ごしやすい毎日ですね♪

先日、お客様にとっても甘いはっさくを沢山いただきました!
IMG_1286.JPG

そこで、ずっと紹介したかったはっさくのマーマレードの作り方を今日は書きます!
今まで育代お母さんが作ってくれていたのですが、今年は骨折もあって出来なかったので秘伝を伝授してもらいました。

材料
はっさく 10個(うち4個は皮も利用します)
砂糖   剥いた身と皮の重さの半分

はっさくは皮の綺麗なものを4個選んでワックスなどをとる為にしっかり洗います。
使う皮は内側の白い皮をそぎます。
IMG_1300.JPG
そして細かく刻ざみ、水にさらします。
IMG_1290.JPG
水が白というか黄色く濁るのでジャブジャブと濁りが減るまで洗います。
しっかりと白い皮をそいで、しっかり洗うほうが苦味がなく仕上がるような気がします。

身は外側の薄皮を包丁で大胆に切って剥きます。
こうしないと10個も剥くのが大変です(汗)
IMG_1291.JPG

剥いた身と皮を合わせて重さを測ります。今回は1400gあったので半分の700gの砂糖を混ぜて30分ほどおきます。
IMG_1294.JPG

砂糖が溶けて水分が出てきたら、火にかけてコトコト煮ます。
最初は水分たっぷりで、半分以下になってとろみがでるまで1時間程かかりました。
瓶は煮沸しておき、熱いまま入れて、蓋をしてしばらく逆さにしておくと密閉されて保存がききます。
IMG_1298.JPG
あれだけ沢山あった分量が瓶2.5個分になってしまいました。
その分旨味が凝縮されててとっても美味しくできました☆

今まで作ったジャムの中で一番手がかかってる力作です。
こんなに大変で美味しいジャムを作ってくれていたお母さんに感謝です☆

 

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内