2015年4月アーカイブ

花粉症も落ち着き、春爛漫の日が続いて本当に気持ち良いですね。

こんにちは、あずさです。

とあるニュースで面白いものを見つけたので、どうしてもブログに書いてみたくなりました。

それは『都道府県別 愛妻家ランキング』
1位 高知県
2位 奈良県
3位 鳥取県
4位 長崎県
5位 福井県
6位 岐阜県
7位 京都府
8位 山口県
9位 大阪府
10位 大分県

だそうです!!


これは楽天が全国1万6000人の既婚男性に「あなたは愛妻家だと思いますか?」とアンケートをとった結果だそうです。
つまり女性発信ではなく男性自身がどう思っているかのランキングですね。
西日本の方が多いのは、愛妻家だと照れずに言えそうなお土地柄なのでしょうか。

我が家のお祖父さんとお義父さんは高知出身(1位)、主人は奈良出身(2位)、義理の妹は長崎(4位)に嫁いだので、愛妻家一家と言えますね。
私的にはなかなか当たっていて面白いなぁと思いました。


奈良県の奥様方いかがでしょう?

誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。
雨ばかり降り続いていましたが、ようやく上がり本来のこの季節らしいお天気になりました。

このような天候でも山にはイッタンコがあがりました。
シャキシャキした歯ざわりが好きで家族全員待ちわびていました。
IMG_0700.JPG

作り方を少し書いてみます。
1.穂先の方を15~20センチほど切ってしまいます。

2.次に楽に皮を剥くために、くらくら沸いたお湯にほんの十秒ほどくぐらせます。この時、鍋に入る長さに切っていきますが、下の太い部分があまり硬い場合は捨ててしまいます。
IMG_0701.JPG

3.皮をむきます。

4.むいたものを2,3ミリほどの斜め切りにします。
IMG_0703.JPG

5.これを先程の鍋で、くらくら沸いたお湯の中にまたほんの十秒ほどくぐらせて、すぐ水にとります。
IMG_0704.JPG

6.続いて上からちょろちょろと流し水をしてアクを抜きます。最低でも5時間位は必要です。ちょっと食べてみて酸っぱさが残っているようならまだ早いということになります。

出来上がったものをざるでよく水を切り鍋に入れます。ここにサラダ油・だしの素・さとう・しょうゆ・かつおぶしを入れてから火に掛けます。分量はお好みで調節して下さい。
炒め物をする要領でお箸を動かし、材料がしんなりしたら出来上がりです。
すぐでも食べられますが、1時間でも置いた方がおいしく食べられるように思います。

ちょっと気分転換に山に行ってイッタンコを採ってきて、こんな風に食べてみるというのはいかがでしょうか。

誠陽建設株式会社

春、高鳴る♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、あずさです。

先日、家族揃ってこいのぼりをあげました。
20150412_105617.png

4月に入ったら上げようねと言っていたのですが、雨やらで延び、お天気に恵まれた日曜日にやっと上げることが出来ました。
ポールが10mもあり、曽祖父からみんなで力を合わせて立ち上げます。
子供が元気に育ってくれることを願い、毎年この行事を出来ることに感謝です。

吉野川の大川橋周辺にもこいのぼりが上がりましたね。
風が吹いてゆうゆうと泳ぐ色とりどりの鯉たちをみるとなんだかワクワクしますよね。

ところでみなさんお花見出来ましたか?
待ちに待ったソメイヨシノが咲いたのに、今年は寒いやら雨やらでお花見日和の日があまりありませんでしたね。
そんななか何とか晴れた日に史跡公園でお花見出来ました♪
20150402_130751.png

満開のソメイヨシノと花吹雪のなか頂くお弁当は格別ですね☆
春休みなのにあまり外で遊べなかった子供たちも大はしゃぎでした。

20150402_140822.png

娘の名前が『さくら』というくらい桜が大好きな私達にとってやっぱりこの季節は特別です。
桜にこいのぼり、春は胸が高鳴ること続きです。
梅雨がまだまだきませんように☆


誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。
美しく咲いた桜も散る頃を迎えています。あんなに待ったのにもう散ってしまうなんて残念ですね。桜が満開の中で入学式を迎えさせてあげたいといつも思っていますが、今年も叶いませんでした。

さてそんな中、今年も色んな鉢植えの植物の植え替えの季節を迎えました。
先ごろ新しく仲間に加わった日本桜草の鉢植えもその一つなのですが、、うちに来たのにはちょっとした経緯がありました。

仕事をお願いしている建具屋さんの奥様が昨年お亡くなりになりましたが、その方が大切に育てていたお花でした。
ご主人の建具屋さんは沢山の鉢植えをどうしたものかと困っておられたのでしょう。あるとき用事でうちに来られたとき、「奥さん桜草はいらんかな」と私に声をかけてこられました。

私は事情もわからないまま「育ててみたいです」と何気なく答えたのですが、翌日10鉢ばかりも持って来られたので数の多さと事情を知り驚きました。大切に育てなければと気持ちを引き締めたのでした。

しばらく経ったある日またその方がうちに来られ、「芽が出てきてるやろ、それを一鉢に5芽ずつ植えたらいいって人から聞いてきた」とそれだけ言って帰られました。

そこで昨日になって言われた通りに、赤玉土を入れた鉢に5芽ずつ植えてみました。
後.jpg

大きな鉢には8芽植えました。出来る限りの世話はするつもりですが、美しく咲いてくれるでしょうか。
余った苗は木の根元にも植えてみました。通常山野草はこんな場所が好きというイメージがありますので、それに従ったのですがうまくいくでしょうか。

実はこの花以外にも私に託されたものがあります。
ばら.jpg
バラとなでしこの一種と、写真にはありませんがランのシンビジウムです。
写真の2種は今のところ順調に育っていますので、時期が来たらきっときれいな花を咲かせてくれるものと思います。

ランの結果は来年にならないとわかりませんが、他のラン同様大切に世話をするつもりです。
そうそうランの植え替えも済ませました。少しばかり忙しかったです。

誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内