2016年3月アーカイブ

こんにちは、あずさです。

先日、両親が和歌山城へ行ってきたと聞いて、私達も行ってきました♪

20160228_143135.jpg


和歌山城に興味を持った始まりは、NHK大河ドラマ『真田丸』のエキストラ募集でした。

和歌山城でのロケ撮影で、民衆のエキストラを募集していたので主人が申し込んでみたら合格!
ところが撮影日に仕事が重なり、撮影に参加することは出来ませんでした。。

以前から一度行ってみたいと思っていたので、暖かくなってきた週末に出かけてきました。

電車旅も憧れますが、じっと我慢できない子供達がいるので、私達は車で行きました。

20160228_135317.jpg

石垣の美しさや歴代城主や時代背景について色々と興味が沸いても、子供達はとにかく広い広い自然いっぱいの公園と動物園に来たと思っているので、ゆっくりと浸ってはいられません。

20160228_141725.jpg
天守閣への道のりで見つけた「人に見える木の根っこ」です。

娘の左手の横。
見つけるのが少し難しい、結構小さい小人さんでした。
テレビでも紹介されたことがあるらしく、他にも小学生が石垣を探していました。

人の形をしている事より、この木が石垣が出来てから種が飛び、芽が出て、ここまで大きな木に育った事の方に感動してしまいました。


この後、お腹すいた、ジュース飲みたいとゴネながらも、しっかり天守閣まで登り、動物園も見て、帰りに和歌山ラーメンを食べて、一日たっぷり楽しんできました。

今度は桜の満開になる頃にまた行ってみたいです。


誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

桜の開花予想が発表されるなど心躍る季節が巡ってきました。
寒い冬を乗り越えたからこそ味わえる、一年中で最も良い季節。ココロゆくまで楽しみましょう。

事務所近くの地域のグラウンドにはソメイヨシノが数本植えられていますが、早くも提灯を吊るして開花のその日を待ち構えています。
もうすぐ入園や入学とうれしい行事を待っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。桜の中での入園、入学が叶いますように・・・。

さて少し前のことなのですが、電車に乗って夫婦二人して和歌山へ行ってきました。
この電車に乗ってというところがミソなのですが、この前あるテレビ番組で六角精児の「のみ鉄」というのを見て夫が憧れ、同じことをしてみたいというので私はお付き合いで同行したのでした。

最寄り駅の大和二見駅から乗車しました。湯浅まで行くつもりだったのですが、切符をつい和歌山まで買ってしまいました。
でもこれが正解でした。なにせ各停なので和歌山までが長い長い。もう電車に乗ることにも飽きてしまいました。
それにイスが対面だし、大勢お客さんが乗ってくるので六角さんのようにちょっと一杯やるなんてとっても出来ません。
それで和歌山で降りてしまいました。

それではせっかく和歌山へ来たのだから和歌山城と和歌山ラーメンでしょということになって、先に和歌山城に行くことにしました。駅前の案内板を見るとさほど遠くないから歩いて行こうかと話がまとまり、約30分でお城に到着しました。
広いまっすぐの道路で本当にわかりやすかったです。

IMG_0038.JPG
このお城は終戦のほんの少し前に空襲を受けほぼ全滅状態になったそうですが、この岡口門は奇跡的に残ったそうです。

天守閣も見学しました。ここだけは有料なのですがここを見なくては来たかいがありません。
空襲で焼けてしまったので昭和33年に再建されたものだそうですが、よくぞ再建してくれたと思います。

IMG_0050.JPG
IMG_0052.JPG
天守閣というのは外から見る優美な姿とは裏腹に武器庫と思って間違いないそうです。その時代にはたくさんの武器が納められていたのでしょう。
現在は歴史資料館になっています。
お城は本当に美しいですね。石垣にも目を奪われます。

お城を満喫したころにはもうお昼になっていました。次の目的和歌山ラーメンですが、どこに行っていいのかわからないと思いながら歩いていますと、案内をしてくれるボランティアの方と思われる忍者の格好をした人達がいましたので、夫が「この近くで和歌山ラーメン食べられるところはないですか」とたずねたところ、早速お店案内のマップをくれました。
やっぱり私達みたいなのがたくさんいるんでしょうね。

それを片手にお城から程近い京橋幸太郎というお店に行きました。有名店らしく行列でしたが、しばらく待っておいしいラーメンを食べる事が出来ました。

城内には入場無料の動物園もあって、小さい子供さん連れでも楽しめるようになっていました。
それを息子達に伝えたところ行ってきたそうですが、動物園だけだと思っていましたら天守閣にも登ってとてもよかったと言っていました。

今度行くときは自動車にしようと話しています。

誠陽建設株式会社

こんにちは、あずさです。


私事ですが、この5日間インフルエンザB型にかかり寝込んでいました。。

先週にまず娘がかかり、1週間熱が上がったり下がったり。
やっと治ったと思ったら私が貰ってしまいました。

いやー本当に、辛かった。。
インフルエンザB型、産まれて初めてなりました。

A型とは違って、熱は出ても37.5度程度でした。
タミフルを飲んでも、酷い悪寒と全身の痛みが5日間続きまったく何も出来ませんでした。

やっと動けるようになって外に出てビックリ!

20160318_093455.jpg
早咲きの桜が満開でした。

春に乗り遅れてしまいましたね。


健康の有難さと体が思い通りに動く喜びを再確認した一週間でした。


誠陽建設株式会社

こんにちは、あずさです。

8日の『マクラメプラントハンガー作り』ご参加くださった皆様、ありがとうございました!!

1457420151465.jpg

みなさん真剣です♪
2時間ほど紐を結び続けて、かなり頑張っていただきました。

IMG_0120.jpg

時間に余裕があった方は完成まで辿り着けましたが、途中になってしまった方には、また続きをする日を設けることにしました。


『続マクラメプラントハンガー作り』

日時 3月15日火曜日 

時間 13時から


第一回にご参加頂いた方のご都合に合わせて15日以外の日にも開催予定あります。
チャレンジしてみたい方、是非ご相談下さい☆

今回、1から始めてみたいという方も大丈夫ですよ◎
トータル3時間程お時間作って来て頂けると、1から完成まで辿り着けます。


参加申し込みやお問い合わせは、下記までご連絡下さい。

メール kadowaki@seiyo.biz
TEL  0747-22-2328


ご参加お待ちしております。


誠陽建設株式会社

古民家再生

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます、誠介です。

今回は久しぶりの工事ブログです。

現在、古民家の改修工事をさせていただいております。

温故知新リフォーム、古民家再生ですね。

昔の技術に最新の工法をミックスさせ、良きものを長く価値のあるものにしていきます。

hukinukekaitait.jpg解体後。

この空間をどう活かすかですね。

木のダイナミックさ、力強さを表現できれば、と思います。

namakonnsyat.jpgポンプ車を動員して、、、

haikannt.jpg
dasetsut.jpg生コン打設。

まずは足下(基礎)の強化から。

そして床組を頑丈に組んでいきます。

yukadannetut.jpgもちろん断熱も怠らず。

高性能かつ分厚いものを入れていきます。

足下の冷えはつらいですからね。やはり裸足であるきたいですもん。

ここをしっかりしているかでその後の快適性が大きく変わってきます。

見えないところもしっかりと!

dannpa-t.jpg耐震補強として、ダンパーを設置しました。

古民家の構造体の組み方、強度、しなりを考慮した上での耐震補強です。

これを建物にバランス良く設置します。解体した今だからこそ出来ることですね。

sakusengkaigit.jpg大工さん、社長も交えて作戦会議を行なっています。真剣ですね。

nenet.jpg主の留守を守る番猫、ねねちゃんです。

当分の間、よろしくお願いします!!


誠陽建設株式会社

桜が咲きました

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、門脇育代です。

現在の時刻は午後1時18分です。
今当社事務所ではマクラメプラントハンガー作りの真っ最中ですが、詳しくは後日詳しくお伝えしたいと思います。

また明日から数日寒い日が続くようですが、今日は窓を開けないと暑いくらいになっています。

そんな陽気に誘われて家の前に植えた桜がきれいに咲きました。
IMG_0117.JPG
ちょっと名前は判らないのですが、3月4日から咲き始め本日満開を迎えました。

もう少ししたらソメイヨシノも咲きますね、その頃は春本番! 待ち遠しいですね。

誠陽建設株式会社

こんにちは、あずさです。

昨晩の雪には驚きましたねっ。
でもあっという間に2月も終わり、3月のスタートです。

さて次回のイベントのお知らせです。

B612_20151229_161446.jpg

『マクラメプラントハンガー作り』

パッと見難しい事をしているようですが、コツさえつかめば簡単です♪

手作りしたプラントハンガーでお気に入りの植物を育てると愛着も2倍!
ぶら下げる事で視線に変化が生まれ、おしゃれな空間に!

昨年からコツコツ練習してきた成果を皆さんにわかり易くお伝えします。

日時 3月8日火曜日 13時から 

場所 誠陽建設事務所にて

持ち物は特にありません。

イベントへの参加申し込みやお問い合わせは、下記までご連絡下さい。

メール kadowaki@seiyo.biz
TEL  0747-22-2328


ご参加お待ちしております。


誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内