2016年10月アーカイブ

こんにちは、門脇育代です。

先週の土曜日、日曜日はこの地方のお祭でした。この地方のお祭といえば、奈良時代にここ五條の地に流されて非業の死を遂げた井上(いのうえともいがみとも読みます)内親王のみたまを弔うために建てられた霊安寺(りょうあんじ)にある御霊(ごりょう)神社が中心になっています。市内のあちこちにこの名の付いた神社がありますが、私が住む二見にもやはりこの神社があります。

なぜこんなにたくさんあるかといいますと、内親王さんが使っていた身の回りのものをいただいてきて御神体にして神社を造ったからのようです。

井上内親王といえばかの有名な聖武天皇の第一皇女で、しかも光仁天皇の皇后であった人物です。それなのに無実の罪をきせられて当時奈良の都からは辺境の地にあったここ五條に流されて来たんですから、いったいどうなっているんだと思わずにはいられません。

今年のお祭は二見ではなく本家の霊安寺にある御霊神社へ友人と共に行ってきました。

そこに着いた時には奈良時代の衣装をまとった人達が行列の出発を今か、今かと待っていました。
IMG_0319.JPGのサムネール画像
IMG_0320.JPG
IMG_0322.JPG
漆塗りのこんな立派なお神輿もあるんですよ。

IMG_0325.JPG
行列はここからお旅所のある五條恵比寿神社までを練り歩くということでした。
なにか不思議なのですが、お旅所と恵比寿神社は兼ねているんだそうです。
お祭ということで普段は立ち入れない本殿も見せてもらえました。室町時代に造られたと聞きました。
それにしても本家というのはやっぱり立派ですね。こんなに盛大にするんだと初めて見たお祭に興奮しました。

お旅所近くには新町通りがあるのですが、松の友酒造の店先にはこんなかわいらしい提灯がさがっていました。
IMG_0329.JPG
数箇所で赤い提灯を見たのですが、長く五條に住んでいても知らない事が多いことに気がつきました。もっと五條を知らなければ!と思った一日でした。

来年は内親王さんの生誕1300年だそうで、もっと盛大なものになるでしょう。楽しみにしています。

誠陽建設株式会社

緑のある豊かさ

| コメント(0) | トラックバック(0)

お鍋が食べたくなる寒さですね。

こんにちは、あずさです。

昨日は完成間近の現場で植栽工事をしました。

20161024_170226.jpg
白と黒のシックなお宅に、緑のアクセントに入り一段と素敵になりました。


20161024_124020.jpg
ポストのある枕木の足元も♪


20161024_123940.jpg
高木だけでなく、足元には四季折々楽しめるよう沢山の種類の草花が植わり華やかに仕上がりました。

20161024_122743.jpg
少しでも緑があるだけで、その環境が豊かになりますよね。
この植物たちが2年、3年と成長してゆくのが楽しみです。

そして午後からは、ご近所様をご招待してのオープンハウスをさせていただきました☆
お施主様と一緒に、美味しいコーヒーとオリジナルジュースを飲みながら、素敵な時間を過ごさせていただきました♪

その様子はまた次の機会に書きますね。

もうすぐお引き渡し。

嬉しいような、寂しいような、娘を嫁に出す気持ちはこんな感じなのかもしれないですね。


誠陽建設株式会社


こんにちは、門脇育代です。
金木犀のよい香りがどこからともなく漂って来る頃となりました。この香りをかぐと季節はいよいよ秋だなあと実感せずにはいられません。

さて、16日日曜日に橿原考古学研究所で研究講座があり夫婦で聴講してきました。

テーマは「甘樫丘東麓遺跡の調査成果」と「蘇我氏と渡来系氏族」いうものでした。私は県の広報を見て知ったのですが、同じ目的でたくさんの人達が集まってきていました。

IMG_0311.JPG
聴講室に入りきらずホールにまで人があふれ、私達はそこにも座れずに別に用意された部屋でモニターを見ながらの聴講となりました。
資料を渡してくれた所員の方が、「本当に大盛況で」と額に汗を浮かべつつそうつぶやいたのが印象的でした。それほど皆を引きつける魅力的なテーマだったんですね。

私達は「甘樫丘東麓遺跡の調査成果」のみ聴いて帰ったのですが、以前に武器庫が建っていたのではないかという遺構が出てきた時、現場見学会に行ったことがあったのでより興味深く聴かせてもらいました。

飛鳥や藤原京、奈良公園一帯はどこを掘っても何かが出てくるといっても過言でないくらいの土地柄です。この先どんなものが出てくるのか楽しみにしています。
またこのような講座にも積極的に参加したいと思っています。

誠陽建設株式会社

合格致しました☆

| コメント(0) | トラックバック(0)

週末から急に冷え込んできましたね。
こんにちは、あずさです。

週末は、毛布や羽根布団を出したり、長袖の服を探したりと、季節の変化についていくのにアタフタとしました。

朝晩の冷え込みに体調を崩さないよう、皆様もお気を付けください。


さて、以前書かせていただいてた『整理収納アドバイザー1級』資格、


・・・合格致しました!!
20160929_134410.jpg
不合格のお知らせにならなくて本当に良かったです。

これで晴れて、整理収納アドバイザーとしての活動が認められましたので、
これからは、ご依頼いただけましたらお家の整理収納活動やセミナー活動をしていきたいなと考えております。


身の回りの整理は心の整理とつながります。

整理整頓されていると、毎日のストレスが減り、心にゆとりが生れます。

そんな生活に潤いを与えてくれる整理収納の良さを伝えていけるよう、まだまだ修行を重ねていきます♪

12月にはその様な内容のイベントを開けられたらと計画しています。
どうぞおたのしみに☆彡

誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

先日の台風は近畿地方への影響もなく過ぎ去ってくれて本当に良かったですね。
それでももかしたら強い風が吹いて、せっかく良く育っているバラの蕾が折れてしまっては大変と、鉢植えは全て軒下へ取り込んだりしました。
取り越し苦労ではありましたが、大切なバラを守るにはこれ位のことはしなくてはいけません。

さて、10月1日に春日大社の国宝殿がオープンしましたが、ぜひ見てみたいと思い2日日曜日に行ってきました。
それまでも宝物殿という名称で美術館はあったのですが、この度の60年次式年造替を記念して、その建物を増改築してオープンさせたそうです。
ホールには大きな太鼓が展示されています。

2016100213590000.jpg

春日若宮おん祭りで実際にしようしている日本最大の だ太鼓(だだいこ) で、高さ6.5メートルもあるそうです。
大きすぎて全部入りきらず、上下が欠けた写真になってしまいました。

今回の展示は国宝41点、重要文化財4点だそうです。
この中で、一番目を引いたのは「赤糸威大鎧」でした。鎌倉時代の作だそうですが、見事な装飾が施された美しい、本当に立派なものです。時代を経て来た品とは思えない光沢が残っていました。

それにしても国宝になるような品を、これだけ沢山所蔵している春日大社の力というものを感じずにはいられません。
この神社がいかに古くから信仰され、崇敬の念を持たれてきたかがここに表れていますよね。

芸術に触れるには絶好の季節になりました。奈良の都へお出かけ下さい。

誠陽建設株式会社


ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内