2017年5月アーカイブ

夕日が沈む頃の山から下りてくる風が心地良い季節ですね。
こんにちは、あずさです。

新築の新しい施工事例を3件アップしました。


DSC_5864-hp.jpg     →T様邸はこちら

m-ldk-2941-hp.jpg     →M様邸はこちら

o外観東-thumb-450x589-2212.jpg     →O様邸はこちら


ぜひご覧になってみて下さい。


誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

先日予告しておりました『バラと暮らす 第2回』に、前回をしのぐ多数の方々にご参加いただきまして本当にありがとうございました。
やっぱりバラには人を引き付けて止まない魅力があるんだとつくづく感じ入りました。

この日はあいにくの雨模様になり、事務所での講座の後自宅のバラを見学に行っていただこうと計画していましたが、それも出来ないと思い急遽バラ鉢を運んできました。

IMG_2466.JPG
IMG_2467.JPG

バラのよい香りに包まれてお話を始めましたが、皆さんはお渡しした資料に書き加えたり、質問をして下さったりと熱心に耳を傾けて下さいました。
IMG_2463.JPG
IMG_2465.JPG

この中には60本のバラ、菊、珍しい花菖蒲と多数のお花をを育てていらっしゃる方もいて、本当に有益なお話になっているのか正直不安だらけでしたが、1時間程の講座を無事終えることができ感謝しております。

私がお話した内容が、少しでも栽培のお役にたつことを切に願っています。

また、3回目を8月半ば以降に開催しようと計画しています。
その時もまたご参加ください。どうぞよろしくお願いいたします。

誠陽建設株式会社

こんにちは、あずさです。
母の育てているバラが日に日に開き、いい香りが事務所を包んでいます。

写真 2017-05-11 13 32 33.jpg

そんなバラのイベントのお知らせです。

写真 2017-05-11 17 09 31.jpg

『バラと暮らす 第2回』

1月の第1回の時は、春に花を咲かせる為の冬のお世話についてお話させていただきました。

ご参加頂いた方からは、「例年に比べて花数も多く、毎日庭に出ていても時間を忘れるくらいです」とのお声も頂きました☆

5月はバラの開花シーズンですが、この時期のお世話によって、2番花、3番花まで美しく咲かせられます。
そんなコツをお話していきます。

第1回参加に関わらず、楽しんでいただけます。
バラ好きの方も、ちょっと難しそうだけどチャレンジしてみたい方もぜひご参加ください♪


日時 : 5月25日木曜日 13時30分から

場所 : 誠陽建設事務所


小さなお子様もキッズスペースで遊んでいただけますのでご一緒にどうぞ。

参加申し込みやお問い合わせは、下記までご連絡下さい。


メール kadowaki@seiyo.biz
TEL  0747-22-2328


ご参加お待ちしております。


写真 2017-05-11 17 10 12.jpg


誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

土曜日は雨が降り寒くて、また昨日は暑くてなかなか天候が一定しません。
5月も半ばだというのに、我が家にはまだガスファンヒーターが出たままになっています。
今までこんなことあったかなあと不思議な気分のこの頃です。

さて、そんな中にあっても大切に管理してきたバラが咲いてきました。

道.jpg
和仁.jpgのサムネール画像
花の横でポーズをとる夫。花の大きさを知っていただきたくて載せてみました。

これから11月いっぱい迄は気の抜けない日々が続きます。きれいな姿を見ていただくためにがんばります。

会社駐車場のつるバラもようやく咲き始めました。そばを通る時にはぜひ見てやって下さい。

誠陽建設株式会社

こんにちは、門脇育代です。

長かったゴールデンウィークが明けて早くも4日目ですが、お疲れは出ていませんか?
良いお天気が続いたのでお出かけには持って来いでしたね。

私達は二上山に登ったのが唯一の外出でした。下山後には当麻寺へ行って本堂や中之坊庭園を見学しました。

中之坊庭園は大和三名園の一つに数えられていますが、ボタンの花がちょうど盛りを迎えていてキレイでした。

さて、この時期はタケノコがたくさん出てきます。これを一時に食べきってしまうのはとても無理。
そこで私は瓶詰めを作りました。こうすると一年以上持ちますからとても重宝します。

作り方ですが
1 茹でて食べよい大きさに切ったタケノコを、きれいな保存ビンに入れて熱湯をビンいっぱいに注ぎます。

2 大きな鍋に湯を沸かしビンを入れふたを載せますが、載せるだけで閉めません。そして鍋の湯はほぼビンの口いっぱいまでくるように入れ40分位中火で炊きます。

3 時間がきたらいったん取り出し、蓋を力いっぱい締めます。
4 ビンを逆さにして鍋に戻し、今度はビンが完全に湯に浸かるところまで湯を足してまた40分炊きます。

IMG_0464.JPG
5 時間がきたら逆さまの状態で取り出し、そのまま自然に冷まして出来上がりです。

これは知り合いの料理上手な方から教えてもらった方法ですが、多分その方も沢山作ったんだろうなあと思っています。

そんなに難しくはないので、たくさんあって困っている方にはいい方法だと思います。挑戦してしてみて下さい。

誠陽建設株式会社

こんにちは、あずさです。

ゴールデンウイークも開けて夏の暑さも感じられるようになりましたね。

主人のコーヒーへの探求心がついに自宅焙煎にまで及びました。

とはいえ、うん十万もする本格的な焙煎機を買うのは躊躇します。
初心者用のコンロで使う焙煎機と生豆を買って挑戦です。
IMG_1287.jpg
白い生豆が茶色に香ばしくなるまで、火にかけてひたすら振ります。
IMG_1286.jpg

ん。。。なんだか焦げた匂いが。


IMG_1288.jpg
出来上がったのですが、少し焦がしてしまいました。

案の定、ドリップしてみると、苦い苦い(涙)
残念、失敗でした。

まだまだコツがつかめるまで先は長いです。


誠陽建設株式会社

藍染め教室

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、あずさです。

ゴールデンウィークですね。
日差しの強さにまだ慣れないので、目がチカチカします。

先日、藍染め教室に家族で参加してきました。
無地の麻のストールや綿の鞄に、模様がつく様に絞ったり挟んだりします。

IMG_2145.jpg
そして染料に漬けます。
IMG_2144.jpg
天然の藍の葉から取ったインジゴ色素。
青色ではなく濃い黒いエメラルドグリーンです。

この液に20分程漬けて→水洗い
発色液につけて、水洗い
中和液につけて、水洗い
ソーピング液(洗剤の様なもの)につけて、水洗い。

洗って、洗って・・・干す!!
DSCN7312.jpg
藍が深くてお日様に馴染みます。

DSCN7315.jpg

DSCN7319.jpg
とても貴重な体験が出来ました。

丁度この日、娘に、私が8年前位に使っていたデジカメをあげました。
今回の写真はほぼ娘が撮影しています。
DSCN7305.jpg

DSCN7356.jpg

DSCN7292.jpg

DSCN7364.jpg

子供の切り取る世界は面白い☆


誠陽建設株式会社

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内