タケノコの瓶詰めを作りました

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、門脇育代です。

長かったゴールデンウィークが明けて早くも4日目ですが、お疲れは出ていませんか?
良いお天気が続いたのでお出かけには持って来いでしたね。

私達は二上山に登ったのが唯一の外出でした。下山後には当麻寺へ行って本堂や中之坊庭園を見学しました。

中之坊庭園は大和三名園の一つに数えられていますが、ボタンの花がちょうど盛りを迎えていてキレイでした。

さて、この時期はタケノコがたくさん出てきます。これを一時に食べきってしまうのはとても無理。
そこで私は瓶詰めを作りました。こうすると一年以上持ちますからとても重宝します。

作り方ですが
1 茹でて食べよい大きさに切ったタケノコを、きれいな保存ビンに入れて熱湯をビンいっぱいに注ぎます。

2 大きな鍋に湯を沸かしビンを入れふたを載せますが、載せるだけで閉めません。そして鍋の湯はほぼビンの口いっぱいまでくるように入れ40分位中火で炊きます。

3 時間がきたらいったん取り出し、蓋を力いっぱい締めます。
4 ビンを逆さにして鍋に戻し、今度はビンが完全に湯に浸かるところまで湯を足してまた40分炊きます。

IMG_0464.JPG
5 時間がきたら逆さまの状態で取り出し、そのまま自然に冷まして出来上がりです。

これは知り合いの料理上手な方から教えてもらった方法ですが、多分その方も沢山作ったんだろうなあと思っています。

そんなに難しくはないので、たくさんあって困っている方にはいい方法だと思います。挑戦してしてみて下さい。

誠陽建設株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seiyo.biz/mt/mt-tb.cgi/547

コメントする

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内