大和郡山を歩いてきました

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、門脇育代です。

昨日は梅雨らしい雨模様でした。今この季節にふさわしい花、アジサイが事務所の玄関前できれいに咲いています。

IMG_1117.JPG

さて、先日の日曜日に大和郡山の町を歩いてきまた。少し前にBSでピエール滝の、「城下町へいこう」という番組がありましたが、大ファンでした。

その日は橿原神宮前に車を停めておき、近鉄で向かいました。郡山の町は昔の町割りが残っており、狭い道が多いように思います。

城跡へ行く途中にも立派な石垣がそこここに見え、本当にワクワクしました。
復元された櫓、追手門がたいへん立派で、この門をくぐって城内に入りました。

IMG_1064.JPGのサムネール画像
IMG_1063.JPG

上がったっところは広場になっており、そこからはかつて天守閣が建っていた天主台を眺めることが出来ます。

IMG_1071.JPG
写真の石垣の左の方の一番下のあたりに、どうみても自然の石の形ではない、人工的に四角く平にしたものが集中的に配置されているところがあります。

説明によるとこれは墓石、地蔵、祠などを石垣に用いた転用石と呼ばれるものだそうです。築城時のすさまじさが伝わってきます。

柳沢文庫の横を通って天主台へ向かいました。天主台前には藩主柳沢氏を祀る柳沢神社があります。
この時ちょうど白いベンツがここに上がってきましたが、ここで交通安全のご祈祷をしてもらうようでした。

IMG_1080.JPG
天主台です。

IMG_1082.JPG
上に上がらずこのまま右の方に歩いていくと、石垣の中にお地蔵さんが逆さまになっているのが見える場所がありました。かわいそうにどこからか持って来られて、ここで石垣にされてしまったのです。

IMG_1086.JPG
説明板がありました。

IMG_1087.JPG
毎年供養のために法要が営まれると書いてありました。それにしてもお城を作り上げるためにすさまじいことをしたんですね。

天主台に上がって辺りを見渡してみると良い景色が広がっています。お殿様もご覧になったことでしょう。

IMG_1085.JPG
ここ以外にも豊臣秀長の墓所である大納言塚や、藩主柳沢家の菩提寺である永慶寺、紺屋町などを見て回りました。

大和郡山は城下町の風情が残るよいところで、時間があればもっとゆっくりできたのにと思いつつ帰途につきました。

誠陽建設株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seiyo.biz/mt/mt-tb.cgi/638

コメントする

月別 アーカイブ

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内