大和高田市・捨篠池の「蓮取り行事」を見学しました

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは、門脇育代です。
先週末の大雨では甚大な被害が出てしまいました。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
もう今までの常識が通用しないことが多々起こっています。常に心して暮らしていかなければいけないと思います。

こんな時にふさわしくない話題かもしれませんが、土曜日に大和高田市の捨篠池で蓮取り行事があり、見学に行ってきました。
あいにくの雨摸様でしたが、1300年の歴史をもつ伝統行事であり、宗教行事でもありますので多分何があっても遂行されるんだろうと思います。

10時になって、大きな花火の音と共に始まりました。
15人程の修験者が雨に濡れながら、ほら貝を吹き鳴らし、そして読経しました。
その読経の中を、招待客達が池に向かって次々と蓮を献花しました。
修験者といえば男性のみと思っていましたが、半数が女性なので驚きました。

IMG_1188.JPG
修験者がほら貝を吹き鳴らし、蓮取り船が動き出しました。厳かな雰囲気です。

IMG_1191.JPG
蓮の中へ入って行き、花を取ります。

IMG_1193.JPG

この後、修験道の開祖の役行者の母・刀良売(とらめ)の墓に蓮花を献じて供養し、続いて、捨篠池に隣接する弁天神社で、護摩法要が営まれます。
こののち、修験者の一行は、吉野山金峯山寺・蔵王堂までの祠(ほこら)に、道中、蓮花を献じながら、蔵王堂での「蓮華会」「蛙とび行事」に参加したのち、これらの蓮花は修験者によって、大峰山頂上までの祠に供えられます。

このように捨篠池の「蓮取り行事」と、蔵王堂の「蓮華会」「蛙とび行事」は一対になっています。

日曜日の朝刊には、これら二つの行事が隣り合わせで掲載されていました。

今回私は蔵王堂へは行けませんでしたが、伝統あるこの行事を来年こそはこの目で見たいと思っています。

誠陽建設株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seiyo.biz/mt/mt-tb.cgi/642

コメントする

月別 アーカイブ

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内