整理収納の最近のブログ記事

こんにちは、あずさです。

1年程前のお話です。
ストレスの種になっていた夫のクローゼットを、使い勝手良く整理しました。

整理収納には順番が一番大切です。
1、まずは、クローゼットの中の物を全て出す。
2、使っている物、使っていない物に分ける。
3、使っていない物は処分する。
4、使っている物を使い易く仕舞う。

以上!

言葉でいうと簡単な作業に感じますね。

ポイントは、必ず「いる物といらない物の区別を先にする」です。

よくある失敗は、要・不要を良く考えず全て仕舞いこんだ結果、いる物が取り出しにくい、収納場所が足りないということになりがちです。

いる物とは・・・
・いつも使っている物
・たまに使う物
・思いのある物

それ以外の物は全ていらない物になります。
サイズの合わなくなった服、貰ったけど着ていない服等々

ただ、よれよれになっても着心地が好きで部屋着にしているTシャツは思いのある物なのでこれからも大切にして下さい。

次は、いる物を「よく使う、たまに使う」使用頻度ごとに分けて、定位置を決めて仕舞います。
決めた定位置は崩さないように、使ったらまたその場所に仕舞うようにします。

さてさて、片付けた後の様子です。
うっかり整理前の写真を撮り忘れてしまい、整理後の写真しかありません。ごめんなさい。。
20160407_181509.jpg
ハンガーにかけるものは高さを合わせて、長ものを端に、良く着る物を中央に掛けました。
ベルトや鞄もフックに掛けることでスッキリ使い易いです。

20160407_181321.jpg
引き出しごとにジャンル分けをして、テープにシャツとかを書いて誰でも分かるようにラベリングしました。

20160407_175736.jpg
引き出しの中もジャンルごとに分けて、区切りをつけて混ざらないようにしました。
引き出しは奥深いので、手前が今のシーズン物、奥がオフシーズン物に。

以前は荒れてくる都度、私が仕舞いなおしていたのですが、これではいつまでも私のストレスが減らないと思い、夫に『自分で片付けてもらえる収納とは』を考え抜いた結果です。
個人的にはかなりの変化で感動しています。

この整理から1年以上経ちました。
ここまでの状態は保てていませんが、以前ほどぐちゃぐちゃになることもなくなり、洗濯したものも夫自身が仕舞ってくれるようになりました。
一度必要のない物を処分した事で、衣替えの度に要らない物を処分する習慣もつきました。

多少の崩れが出てきた所は、適材適所ではなかったのだと分かったので、改めて整理してみようと考えています。

整理収納は一度きりではありません。
違うと思ったらやり直す。
たまには、いらない物が増えていないかチェックする。
それを繰り替えすごとに自分にぴったりの収納が出来上がっていくのだと思います。

誠陽建設株式会社

最近のブログ記事

ページの先頭へ

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内