橋本市あやの台 MI様邸

DSC_0476.jpg

以前はマンション暮らしのMI様ご夫婦

出張の多い旦那様にあわせて交通の便のよい土地にお住まいでした。
やがて二人目のお子様を身ごもられ、これからの生活を考えるとマンションでは手狭になることや、お子様の教育や環境を考えると、ご夫婦の実家から程近い空気がよく自然環境に恵まれた場所で子育てをしたいと考えられ、引越しを決意。

選ばれた土地は、北に金剛山を望む雄大な景色をもつ、閑静な新興住宅地の中にあります。
公園や小学校からもほど近く、夕方には子供の笑い声がそこかしこからきこえてくるような、とても豊かな雰囲気の場所を選ばれました。

MI様ご夫婦はともにバリバリ仕事をされることから、家事をとにかく楽に、部屋がちらかることなく、家に帰ってから就寝までの流れをスムーズにしたいと奥様からのご要望。
また、光の入りづらいマンションで住まわれてきたため、明るい家にしたいとのこと。

旦那様は毎日帰宅時間が遅いため、休日は家族と家で遊んだり、趣味である車の整備や革細工コレクションのメンテナンスに没頭したいと、男のロマンについて語られていました。


DSC_9804.jpg
ブリティッシュグリーン色の外壁に桧の木製ルーバをアクセントとすることで、シンプルかつ色気のある落ち着いた外観に仕立てました。
外壁材のガルバリウム鋼板のシャープさに、木のぬくもりをプラスして、いつまでもあきのこないデザインとなるように。


外観のもうひとつのアクセントとなっている大きな窓

北側に設けることにより、直射日光ではなく間接光を取り入れ、室内にやわらかな光をもたらします。
この窓から家の中全体に明るい光が行き渡るので、日中は照明要らず。
ほどよい明るさの自然光は室内を包みます。
ソファに座って吹き抜けから見上げると、大きな窓をかいして空をのぞむことができます。
家族の絆をとても大事になさるMI様のご家族にしかみれない空です。

DSC_0289.jpg

ファイル 2018-02-21 13 20 14.jpg

DSC_0458.jpg

DSC_0488.jpg


ダイニングと小上がりの畳コーナー

ダイニングは南側の広い庭に面して設けることにより、明るく開放的な雰囲気となるように考慮しました。
日中にお子様が庭で遊んでいるところを、コーヒーでも飲みながら眺めるって、とっても贅沢な瞬間ですね。
キッチン、ダイニング、畳コーナーと並ぶように配置する事で、人のたまりができるようにしました。

ファイル 2018-02-21 13 16 44.jpeg


畳コーナーには造作棚を設置

お子様の本やおもちゃ、趣味のもの等を収納していつでも遊び、片付けられるようにしてみました。
畳コーナーやこの棚はリビングの入り口からは死角となっているので、部屋全体の雰囲気はすっきりした印象をキープできるように考慮しました。
また、ご飯をおなか一杯食べた後は、ダイニングのベンチチェアから畳コーナーまで直接ゴロンと寝転がることができます。
なんという幸せな瞬間なのでしょう。

小上がりになっている畳コーナーの下は全て引き出しの収納空間としました。
家全体は出来るだけコンパクトに設計してありますが、収納スペースは適量適所に確保できるよう工夫してあります。

DSC_0134.jpg

DSC_0210.jpg

DSC_0159.jpg

DSC_0276.jpg

P2082420.JPG

家事をいかに楽にこなせるか

共働きのご夫婦にとって、家事を最小限の動作や時間で、いかにスムーズにこなせるかを考えました。
間取りはキッチンを中心に、洗面所、パントリー、衣装部屋、外物干し場を配置しました。
洗面所は室内物干しも出来るよう、昇降式パイプを設置。
また、MI様の生活スタイルにあった収納や使い勝手を実現するために、整理収納のプロが考えた洗面台を造作しました。
浴室と洗面所あわせて5畳分の物干しスペースです。

DSC_0298.jpg

DSC_0141.jpg

DSC_0307.jpg

DSC_0310.jpg

DSC_0327.jpg

DSC_0322.jpg


玄関から入ってすぐのウォークインクローゼットは、キッチンからもすぐにいけるよう回廊動線上に設けました。
かばんやジャケット、小物類、部屋着等をおけるようにすると、自分の部屋に戻らずともすぐに外の自分から、いつもの自分になることができます。

とにかく、リビングに持ち込まない!
また、日用品のストックや掃除機等を置いておくと、すぐにその動作が出来ることから、掃除に対するストレスを軽減してくれます。
家をいつもきれいにしておくためのキモとなる部屋です。

P2092428.JPG

P2092441.JPG

P2092443.JPG


男の書斎

家にいる時間が短い旦那様に、少ない時間でプライベートを満喫していただくために、1.5畳のこもり部屋をつくりました。
スーツを脱いで部屋着に着替え、誰にもジャマされずにコレクションの革製品にオイルアップなんて男の理想ですね。(もちろん、家事もすごく協力的な旦那様です)

DSC_0404.jpg


ガレージハウス

ゆっくりと車を整備したり、車を眺めてお酒をたしなみたいとの夢をかなえるために、空調付きのガレージハウスを設けました。
壁にはOSB合板を張って、これから整備道具等を収納する棚を自在に設置できるようにしました。
ご自分の理想のガレージとなるように試行錯誤しながらDIYされることでしょう。
雨の日等にはこちらでお子様と遊ぶこともできます。
また、車を降りたらすぐリビングへ、重い荷物や日常の買い物もすぐに部屋の中に運ぶことが出来ます。
雨の日でも濡れることなくすぐ部屋の入れるのでとっても便利です。

DSC_9913.jpg

写真 2018-02-20 18 21 19.jpg


ファイル 2018-02-21 13 19 50.jpeg

DSC_0241.jpg

DSC_0357.jpg


夜は雰囲気を変えて、夫婦でしっとりとお酒がたしなめるように

ファイル 2018-02-21 13 16 59.jpeg

main contents

  • 暮らしデザイン
  • コンセプト
  • 施工事例
  • つれづれ日記
  • 会社案内